源氏と平氏


源氏と平氏の始まりは、桓武天皇が平安京に都を移したころにさかのぼる。

清和源氏とか、桓武平氏とか、頭にくっついているのは天皇の名前で、どの天皇の氏族から出た一族なのかをあらわしている。

おそらく当時の天皇が、自分の手駒になる軍事力を増強するために、自分の氏族を武家として家を立てさせていったのがそれぞれの天皇の名を冠した源氏や平氏なのだろう。

源氏で最も勢力が強く、武家の棟梁筋と言われているのは清和天皇の代から出た清和源氏。
鎌倉幕府を開いた頼朝は清和源氏。

源姓を名乗っていないが清和源氏である武家はたくさんあり、戦国大名の多くは清和源氏。
主なところで、足利、新田、山名、武田、今川、村上、里美、畠山、最上、細川、吉良、土岐、佐竹など。

徳川家や、島津家も清和源氏だと名乗っているが、これは武家の頭領としての権威付けのための後付けであるかも知れない。

平氏のなかで最も勢力が強かったのは桓武天皇の代から出た桓武平氏。
平清盛に代表される平家は、桓武平氏の一派。

平氏も平姓をなのっていないが平氏である武家がたくさんある。
北条、土肥、千葉、河越、葛西、三浦、和田、梶原、鎌倉、三浦氏、上総、秩父、大掾、中村、長尾など。
坂東武者の多くは平氏であるらしい。

発祥した年代では桓武平氏の方が先だが、基本的には平安時代の天皇は、源氏を頭領としてその配下に平氏をつけている。

調べてみて驚いたのは、鎌倉幕府の執権である北条氏は平氏だということ。
頼朝は、北条氏が支援するまではボロクソだったので、源平の合戦というは実は、西の平氏の一派と、東の平氏の一派の覇権争いだったということになる。

足利氏と新田氏が、北条氏を倒して室町幕府を開いたのは、清和源氏が桓武平氏を倒して武家の頭領の座を取り戻したと言える。

北条氏が実質上の支配権を持っていながら、将軍にならなかったのは、平氏では武家の頭領たる征夷大将軍になれないからだったのかも知れない。


桓武天皇の母は、旧百済の王族の血筋で、当時の皇族では高貴な血筋とは言い難かったため、天皇になる見込みは薄かったそうだが、いろいろ政変があったり疫病が流行ったりして他の天皇候補が死んだり失脚したりしたので、桓武天皇即位という運びになったらしい。

当時の中国や朝鮮は、唐が安史の乱で疲弊して周辺諸国への支配力が弱まり、唐の中で有力な勢力も大分変わったらしい。日本の仏教の傾向が、南都六宗と、その後の密教系、浄土系とで大きく変わったのはその影響だと思われる。

朝鮮半島は、唐と組んで勢力を伸ばした新羅が大体統一していたが、唐・新羅連合に滅ぼされた高句麗の末裔である渤海という国もあった。

唐が衰えたため、唐と組んでいる新羅も勢いが落ちたので、渤海は日本と組んで新羅を撃とうとするが、日本の反新羅勢力(おそらく百済の末裔)が失脚してしまったため、渤海・日本連合は成らなかったそうだ。


唐・新羅勢力の衰えに乗じて、日本では旧百済に連なる勢力が盛り返してきて、百済の血筋である桓武天皇が即位して、桓武天皇は自分の配下となる武力を増やすために桓武平氏を起したという流れだったんだろうか。

渤海・日本連合が成らず、その後の武家の頭領が平氏でなく源氏ということになったのは、百済系勢力は盛り上がりきれなかったということなんだろう。

平氏は百済系の血筋であるということは、たぶん後々にも色々な遺恨を残したのではないだろうか。